2015年06月01日

大阪ORTO LOUD SESSION!


30日のORTO LOUNGE
皆様ありがとうございました。

共演者、スタッフのみんなもお疲れ様!
久々の汗だくライヴで楽しい夜になりました。

セルフ・カバーとクラシック・ロックで熱く盛り上がったのだ。

1.JPG

ギタリストのタッカンとは以前何回かスタジオでジャムったりはしたけど、
ステージでは今回が初めてだった。

リスト中の特にパープル2曲「Burn」と「Smoke On The Water」を
完コピを意識して演奏出来たのは良かったなぁ。

何で完コピを意識したかというとリハでの事。
タッカンのソロが原曲そのもの。
負けじとベースもグレン・ヒューズ、ロジャー・グローバーに
敬意を表してコピーし直した!って訳。

リッチーのソロ完全コピーについて。
「パープルの曲は自然とそうなるなぁ」
と言ってたタッカン。

リッチー大好きギター少年だった自分も
その感覚は解る。(おこがましいが)

ソロ・フレーズの何たるかもよく分かってない15歳の自分が毎日何時間も
飽きることなく繰り返し弾いてたスモーク〜、バーン、ハイウェイ〜、
等のギター・ソロ。
ソロ・フレーズが体に染み付いてしまっている。
クリームのサンシャイン〜、クロスロードなんかもそうだね。

今自分がこれらの曲をギターで弾くとすれば当然ソロもそのままになるハズだ。
アドリヴは考えられない。
ジミーも一緒だろうなぁ。でも完コピ・ソロを2度続ける訳にはいかないので
アドリヴに回ったんだけどね。

だもんで、これまでウラ覚えだったスモーク〜、バーン、のベースは
今回の完コピ意識でちゃんと聴き直せたので良かったなぁと。


530last.jpg
12歳の天才ギタリスト桜花(さくら)ちゃん+おっちゃん達
写真はレオのところから

posted by kamada at 04:47| お疲れ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする