2012年11月02日

トランペット

tp.jpg
トランペットを買った

小学校3年の息子が今年から
小学校の音楽隊に所属しており、

早朝、放課後練習に励んでくれちゃってて
今はトランペットを担当している。

楽器は学校所有のを使っている。

音楽隊での最初はカラーガード(旗振り)
担当だったのでそれを続けていると思っていた。

ある日、ビートルズの
「オブラディ・オブラダ」
を口ずさんでいたので

「それ、何処で憶えてん?」と訊ねると

「今、音楽隊で吹いてるんねん。」

「吹いてる?」

トランペットを担当している事が発覚したのです。

楽器はこれまで、無理やり教えたりはしていない。

ピアノはせがまれれば教えたけど、
すぐに飽きてしまっていた。

”ギターやベースなんてのは体が大きくなってから教えた方が良い”
という持論があるので一切、教えていないが

自分から教えて欲しいと言ってくれるのを待ってる感もある。

しかし「自分からトランペットを選んだ」
っての聞いて嬉しかった。

少しでも教える事が出来ればと思い
自分用の安い練習用トランペットを買ったのだ
(息子にはその内マシなのを買ってあげよう)。

で、いろいろ調べて、いざ吹いてみたら、、、、、。
全く音が出なかった。
自分の小学校の時の記憶が戻ってきた。

私自身のトランペットの経験と言えば
やはり小学校の高学年の頃で、吹奏楽部から
借りて練習した事があった。
でも「ド」の音1つ出すだけでも
相当な体力を要し、演奏を諦めた覚えがある。

あの頃よりは肺活量もあるのだから
音ぐらい出るでしょう?
というあまーい考えと思い込みで
買ったのだが、、、。

「楽器の不具合かなぁ?」と楽器のせいにしたり。

そこで息子に「吹いて見せてみろ」

息子は私からトランペットをひったくって、
普通に音階を奏でた後、
「オブラディ・オブラダ」
のメロディー・パートを演奏した。

先ずは音の出し方から息子に教わる事にした。

posted by kamada at 15:32| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: