2014年01月26日

サンノジ・しゃぶしゃぶ



またまたグレ釣りでボーズを食らってしまった。
それも日置の「セイダエモン」という一級磯。
「ショーック!オーマイ・ベイベー!」

一日粘ったけどダメでした。

納竿直前に「ドカーン!」と来た奴は
グレではなく、45cmの”三ちゃん”
「えー引きしやがってぇ!チクショー!」


5.JPG

「サンノジ」(二ザダイ)というこの魚”三ちゃん”はグレ釣りの外道。
磯臭いとい事で嫌われ、いつもはそのままリリースする魚なのです。

しかし今回はリリースする前に思い出した。

”冬のサンノジの「しゃぶしゃぶ」は最高の味!”

「試してみるか」

磯臭いのを少しでも軽くしようと
その場で内臓取りと血抜きを丁寧に施しました。
これが良かったと思う。


wanitou.JPG
セイダエモンから観た一級磯「ワニ島」と夕日とトンビ



帰宅してすぐに調理にとりかかります。


3.JPG
まずは3枚におろし

2.JPG
皮を引き

1.JPG
薄つくり状態にします。

この段階で包丁に脂があまり付着しないことから
期待が薄れます。
(グレならこの時期ギトギトになる。その脂が旨味なのだね。)

”しゃぶしゃぶ”の前におつくりで食して見ました。

やはり、グレよりも磯くさい?!

しかし、腹側は幾分か脂がのっていて臭くない。「美味しい」

だし汁を沸騰させ、”しゃぶしゃぶ”してみた。

ポン酢でいただく。

しゃぶしゃぶ”だと磯臭さがなくなって甘味が出てくる感じ。

納得の「サンノジ・しゃぶしゃぶ」でした、、、、、、、、。



でもやっぱりグレがいい!
posted by kamada at 17:52| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: