2018年06月17日

最近演ったライブのプチまとめ


5〜6月は参加バンドのワンマン・ライヴも多かったりで中々の充実度だなと。



519.jpg

5月19日は名古屋で二井原実のワンマン・ソロライヴのお手伝いを。
代役だったんだけど17曲の暗譜間に合わず譜面台を前にしての演奏でした。
しかしニイちゃんとは初めてのステージ。
さすがの歌声パフォーマンスに感心しつつ楽しい時間を過ごせました。



520.jpg

5月20日はオルト・ラウンジで久々の mother of soul。
1991年からず〜っと休むことなく続いているパンキッシュなバンド(自分説)
なので、2月にメンバーのインフルエンザでライヴ中止になった事の想いがあったが、
演奏が始まるといつも通り。



526.jpg

5月26日は四谷で Kruberablinka の先行レコ発ワンマン・ライヴ。
4月にレコーディングしてすぐ→MIX→マスタリング→プレス。
とVo.の赤尾嬢による見事なプロデュースには脱帽。
新譜を中心に2ステージをたっぷり。



602.jpg

6月2日、Big Jackで Kruberablinkaの先行レコ発ワンマン・ライヴ。
新譜を中心に2時間たっぷりのステージでした。



609.jpg

6月9日は Beggars Banquet でThe Dizzy Tones の約1年振りのワンマン。
ファースト・アルバムの発売が待たれる中、新曲も含めたっぷりの2ステージ。
The Dizzy Tones がBeggars Banquet でやる日はストーンズ曲を1つだけカバー
するのがお約束になっている。
今回は Harlem ShuffleでゲストにT.saxのスティービー和田氏。
終演後ベーシストでもある彼から、昭和の伝説歌謡ベーシスト寺川正興の
曲集を頂き今はそれに激ハマり中。



610.jpg

6月10日は心斎橋 SOMAで Kruberablinka。Starless の主催でした。
Starlessとは十年前にGrooveline で一緒になって以来。
さらに二十数年前に1度だけ手伝った事があり自分の中では唯一の
プログレ経験なんですね。


posted by kamada at 17:08| Band | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする