2020年04月27日

やっとエレキ・ギターを手に入れる


中学2年の冬休み、お年玉で念願のエレキギターをやっとこさ手に入れた。
グレコのテレキャスター・デラックスというモデル。

お年玉でエレキギターを買うと決心した冬休み前から、
天王寺のトミヤ楽器というところへ何回も赴きリサーチしていたのだ。

店のショーウインドウにはマーチンのD-45やフェンダー、ギブソンの御歴々。
買えるわけがない made in USA をたっぷり眺めて満足してからは、
自分が買うであろう国産のフェルナンデスかグレコ。
どっちにするか真剣悩んだ。

フェンダー系はフェルナンデス、ギブソン系はグレコなんて話は
あったか無かったか?

決め手となったのはこのモデルが2割引き+ハードケース付きであった事。
中2の自分にとっては大きな買い物でした。

アンプはAceToneというメーカーの20ワットかそこらの初心者用。
多分、店にあった一番安いヤツだったと思う。

憧れのエレキギターが家にある事が物凄い出来事で大興奮でした。
なにせ思い焦がれていたチョーキングがこれで出来るのだ。

TD 500.jpg

さぁ、ビートルズを弾くぞ!
頭の中で出来上がってるゲットバックのソロ。
ジョン・レノンのソロ・フレーズ。

奏法は解っている。2弦の12フレットを薬指のチューキングで全音上げるのだ。
クラシックギターはナイロン弦なので頑張っても半音も上がらない。
エレキギターならもれなく上がるハズ。、、、、と思っていたがしかし。

なかなかキツイ!力一杯やってやっとこさ届く感じだったと記憶してます。
イメージは出来ていたとはいえ、初めてのエレキでチョーキング出来るはずがない。

今思うと、買ったギターにはレギュラー・ゲージが張ってたんだろうなぁ。
ライト・ゲージに慣れた今ではちょっとキツかったりします。

当時の自分なりの12フレット全音チョーキングの考え方として、
  ガットギターのナイロン弦では頑張っても半音いかない。
  アコギのスティール弦では頑張って半音。
  エレキなら余裕で全音上がるハズ。 ビギナーの考えですね。

きついチョーキングで指はズルズルになっても痛さを感じないほど面白い。
そらもう!夢中で弾きまくりの介。    

エレキギターの素晴らしいところは夜でもジャカジャカ弾けるところ。
といっても家族が寝静まってからはそぉーっと弾いた。

こうしてエレキ漬けになる毎日がスタートします。
posted by kamada at 19:57| 自分史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする