2014年09月20日

ロス・ヴァロリー

ジャーニー (Journey)は1980年頃日本でもメッチャ流行っていてたし、
ギターのニール・ショーンが好きでよく聴いていた。

先日、演奏する機械があってベースのロス・ヴァロリーのプレイを
じっくり聴いたのでした。

昔はそんなに気が付かなかったけど
やはり良(え)ー演奏しやはるねぇ。

この「Wheel in the sky」。こういう旨さに自分はつかまる!
      


この曲のスタジオ・ヴァージョンはドロップDのチューニングなのだが
ステージではレギュラーで演奏してますね。

このベースはプレシジョンにジャズのネックを着けた物。
「Any way you want it」のPVでハッキリ見えます。
jpbross.jpg
自分で改造したのかなぁ?
何か色々と拘りを持っているんだろうなぁ。



余裕のプレイで楽しんでるベースソロ。
1980年の日本公演。
      

  


rosshenngao.jpg

見事な変顔。



posted by kamada at 05:13| Comment(0) | Fav.アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

Ritchie Blackmore 様



中3の頃、

お年玉で買ったグレコのナチュラルのストラトを早く弾きたくて!
いつも学校が終わると大急ぎで帰って部屋に篭ってた。

リッチーブラックモア大好き少年だった自分が
コピー頑張ってた曲です。
けど難しくてちゃんと弾けなかったなぁ。

ラジオから録音したカセットテープを何十回、何百回と繰り返して
コピるの頑張った。
多分このライヴのテイクだと思う。

リッチーが途中で突然バッハの「ガボット」を弾き出すタイミングも
身体が覚えてる。何百回も聴いたからね。これだ!

嬉しくなって見入ってしまった。
posted by kamada at 19:52| Comment(0) | Fav.アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

パク・キュヒ

先日、NHKのテレビ番組
「ららら クラシック ”クラシックギターの世界へようこそ”」
を観てたら最後の方で

朴葵姫(パク・キュヒ)という女の子が

あの名曲「アルハンブラの想い出」を弾いていました。

素晴らしい!

ミテクレ”が幼いので
高い演奏力とのギャップを感じてしまうのは仕方が無い。

トレモロのタイミングが私好みでとても良かった。


代表的なトレモロ奏法の曲として有名なこの曲は
美しいメロディーながら弾くのは大変。

ギタリストによってその
トレモロ具合”が微妙に違うんですね。

一人のギタリストに限っても年代によって
その”具合”は変わって行く。

みたいなもの?


朴葵姫は韓国生まれの横浜育ち、現在は
オーストリア・ウィーン国立音楽大学に留学中というその道のエリート。

ヨーロッパ各地でコンテスト優勝を総なめにして、
昨年の夏にデビューしたばかりのまさに””。





私的に
この曲は昔クラシック・ギターを練習していた頃の課題曲でとても
ムズい曲”として思い入れのある曲なのです。

ギター・ビギナーの頃
いつの日か、美しく演奏できたらいいなぁ!」
これは40年経った今でも思っています。
posted by kamada at 08:20| Comment(0) | Fav.アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

Jason Bonham 最高!


遅ればせながらレッド・ツェッペリン祭典の日を観た。

LZ.jpg

Dr.の河合君から借りたのだが、
各方面で絶賛のこのライヴったら実際「最高」でした。

なんと言ってもジェイソン・ボーナムのカッコよいこと!

JB.jpg

今から5年ほど前のライヴなので、
出回っていたYOU TUBEの映像はチェックしていたのだけれど、
今回は腰をすえて観ましたよ。

テレビの前で正座して側にミカンとポテチをセッティング。
手についた油を拭くティッシュも用意して(涙を拭く?)
ちゃんと観た”。
で、「えがっだ〜! 」なのだ。

「全音下げ」を感じさせない全体のミックスはさすがと思った。

モチロン!メンバーの演奏力も見ごたえ十分だが、
曲に対する姿勢というか
単にセルフ・カヴァーじゃあ無かったのが嬉しかった。

現在のレッド・ツェッペリンを観せてくれた。

ライヴ後半に入った頃の
Since I've Been Loving You
Dazed And Confused
あたりのジェイソンのプレイに大感動してしまったのです。

JB1.jpg
JB2.jpg
ラスト曲「Rock 'n' roll 」を演り終えてドラムから降りた時のJason 。
「やったよ!父ちゃん!」
posted by kamada at 08:26| Comment(0) | Fav.アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

SLADE

10日のThe DizzyTones は良い初ライブになりました。

観に来てくれた皆さん有り難うございました。
スタッフさんお疲れ様でした。

より良いライブを目指すのでまた宜しくね!

ところで、今ハマってるバンド「SLADE」。

70年代前半、イギリスで
グラムロックの頂点を極めたバンドで御座います。

アメリカではもう1つ売れなかったみたいですが、
日本ではヒットしてたなー!

3つ年上の姉が居てるのですが
当事「キャー!キャー!」ゆーてましたわ。

Vo.のモンジ君にDVDを借りて、
ウン十年振りにしっかり観てまたハマってしまいました。

曲が好くて観て楽しくなるバンドですわ。
posted by kamada at 00:27| Comment(0) | Fav.アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする