2015年05月20日

告知 24(sun.)


TRIO MARINO 24日(日) music ber S.O.Ra.
コーステック・ユニット、トリオ・マリノ。

去年の11月に軽〜いセッションのつもりで参加したものの
今回で早くも6回目のライヴになります。

おいちゃん(吉田レオVo.)のソロ・アルバム曲とマリノの曲を中心に
あとカバーを何曲かって感じで演っとります。

trm.jpg

アコースティック・ユニットといっても自分はエレベっすけどね!

S.O.Ra.ではゲストにナルさん(白井成剛 key.)が参加してくれるので
これまた楽しみどす。

2015年05月24日(日)
TRIO MARINO
[吉田レオ(Vo.G)/鎌田学(B)/板倉淳(per)/guest key:白井成剛]
OPEN 18:00 / START 19:00
ADV ¥2,500(1D別) / DAY ¥3,000(1D別)
お問合せ:JOYFUL NOISE 06-6644-9292


posted by kamada at 09:20| ライヴ告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

お疲れ様5/9、10


The DizzyTones 初めての2連チャン名古屋〜大阪ライヴでした。
共演者&スタッフの皆さんお疲れ様でした。

名古屋BLCafeではDYNAGONのアンコールで
FREEのALL RIGHT NOWをトシさんとツィン・ベースでセッション!

アンディ・フレイザーのあの伝説のフレーズを
2人で思いっきり楽しめたのはいい思い出になったなぁ。

dyna.JPG
DYNAGON



大阪はBeggars Banquet。ここでは毎回、マスターの島中さんへ
ストーンズの曲プレゼントしている。

今回は「Under My Thumb」。
演奏してみて感じるのはストーンズってのは
ホント独特な演奏理論を持ってるバンドだなぁと。
この魅力ますます好きになる。

昔、ストーンズの「I wanna be your man 」の
ベースを聴いてドキドキしたのを思い出した。



今、聴くと改めてビル・ワイマンの超絶プレイ、音色にドキドキですわ。



posted by kamada at 04:16| お疲れ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

お疲れ!4/18(土) Dizzy at Orto Lounge


18日、ORTO LOUNGEに来てくれた皆さん
ありがとうございました。
共演者、スタッフの方々お疲れ様でした。

久々の同世代、盟友に逢えたのも嬉しかったッス。

418gaguya.JPG

THE DIZZY TONESでのライヴが久々で嬉しかったのもあるけど、
Orto Loungeの音がまた良いからねぇ。

ステージの中音も反響、分離具合がちょうど良く、
演奏してて気持ちいい!
これは多くのミュージシャンに体感して欲しい。

外音も余裕のパワーでまるで大ホールで
聴いているようなクオリティーですわ!(興奮)


posted by kamada at 23:41| お疲れ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

LIVE BAR「ORTO LOUNGE」OPEN!


南大阪にどエライ、ライヴハウスがオープンしたぞ!


ortl.jpg
ORTO LOUNGE (オルト ラウンジ)

旧パンセ・ホールだった所ですね。


四半世紀にわたってバンド活動を共にしてきた
盟友、河合氏がこの度オーナーとして起ったのだ!

何がどエライかというと、大出力音響システムを
余裕で受け入れる
このどデカいスピーカー・システム!

これこれ ↓

sp.JPG

キャパからは想像を超えた大きさなのだ!


大音量の演出だけじゃあないよ。

良い音」にするためなのだ! ←ここ大事。

大容量の電源部を抱え込んだ
「良い音」を出すための高出力アンプは
ベスト・マッチしたそれこそ大容量スピーカーが必要という事。


音楽家、ミュージシャンとしての河合氏の心意気だね!

良い音を皆んなに届けたい!という思いが伝わる。

dtch.JPG
先週The Dizzy Tonesで音響チェック。

posted by kamada at 03:58| Band | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月12日

お疲れ!3/7(土) STAR LIVE U6。


ererere.JPG

先週7日土曜日のクルベラブリンカ at 上本町 STAR LIVE U6。
観に来てくれた方々ありがとうございました。

STAR LIVE U6 はとても美しい ハコ”で
生音基本のえー感じのバランスでした。

生音なので、ステージに居ながら
お客さんがどう聴こえてるのかが想像出来るんですね。

大きな音響システムになるほどステージと客席との
聴こえ方にギャップがあるからね。

ベースは最近トリオマリノでも使っている
初期のフェンダー・アメデラのジャズベとモジュラスネックの
ジャスベタイプ・フレットレス。

しかし、この2本。フェンダーはアクティヴで音デカ。
フレットレスはパッシブ&弦高低めでテンション弱の小音君。

ということで音量差が激しく、前回のセットで
ベースの交換時、音量調節に苦労したのだよ。

そこでこの日に試してバッチリだったのがこれ!


buf.JPG

バッファー・アンプですな。
同僚JAZZベーシストの岩田晶さんの手作り品をその昔、譲っていただいた物です。
10db くらい音量が上がるのかな?音質も良しでしたよ。

何が素晴らしいのかっていうと、余計なものが一切ないから。

LEDランプもなければ音量調節も無い。オン・オフスイッチも無い!
超シンプル。こんなの売ってないよ!

な訳で、中の配線が少なく済むのです。これが良い音になる仕掛け。

配線が少ないといことは音信号がよりストレートに
ペダル内を通り抜ける。

ほんでもって、
本来のピュアなベース音信号がアンプに届くから
良い音になる、、、、、、、、、、のかな?
たぶん。

posted by kamada at 16:01| お疲れ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

#iphone-link {display: none !important;}